株式投資を始めて、いろいろ気づくことがあるかと思います。その中で成功していきたいです。

2008年8月18日月曜日

ビジネス

先日まっすぐで深い“インターネットが早めに冬を越して議論します”まだ定説ていないことに論争して、しかし界を投資してすでに真っ先に少しの情報を提供しました:近頃インターネットの業界の投資の数量に対して明らかに下がります。しかしそれでも、大きいワニを投資して中国のインターネットの業界の長期の新機軸を打ち出す発展に対して依然としてしっかり見ます。

  投資の数量は下がります

  8月に入って、次々と風を獲得して投げることを宣言するいくつ(か)のインターネット会社があります:ネット5200万人民元を獲得することを笑って、ご飯は全部ネットは400万ドル獲得します;別に鼎の程のマスコミが獲得して聯想とゴールドマン・サックスが4億元の投資を共同しますのから来ると語っているニュースがあります。

  しかし投資する研究機構がグループの公布のデータに命中して表示すりますのから来て、今年第1四半期、内陸のインターネットの投資の訴訟の実例の数量は14で、同時期と比べて50%減らしました;金額を投資するのは7031万ドルで、同時期と比べて40%減らしました;7月、インターネットの業界の投資に投げて訴訟の実例の数量が現れて下がって、平均は単にペンが金額の上昇の特徴を投資します。

  同時に、7月にVC/PE背景の企業IPO平均の投資収益率は0.57倍だけで、輪は下降幅に比べて78.6%まで達成して、史上最低レベルに下落します。

  漢は現在の市場の先行きに言及する時グループの理事の社長の趙の兵(さん)を投資することができて、不景気の市場が投資者の心理に対してとても大きい影響を生むとはっきり言っています。“現在投資を話す時、投資者の基本はいずれも‘資本市場がよくありません’を口もとに掛かって、投資の行為はとても慎重で、価格に対して更に敏感です。”

  専門家は、資本市場の全体の将来性が不明な以外、インターネットの業界自身の段階性の発展する規則も業界が親切に激減する原因を投資することを招くのですと思っています。

  上1ラウンドのインターネットの泡が水泡に帰する後からの生命力は回復して、今のところの過去まで4、5の年の時間、インターネット自身の発展する規則によって、業界の全体がもっと高い石段に上がることを推進します新しい商業のモードが現れるべきで、完成の上で1段階のモデルチェンジすることで。現在インターネットがそれぞれ業界内の大量に出現する新しいモードを細分するのが多くなくて、これはすぐ間もない将来を意味して、現れるかも知れなくてもっと多くて新しいです、更に市場の優位のモードがあって、そのため投資者はうろうろして中を待つことがあります。

  長期にわたり依然としてしっかり見ます

  しかし、同じく投資家と企業人は、現在依然としてインターネットの発展の良い時機と思っています。

  有名な投資者、IDGリスクの投資会社の共同運営者の章蘇の陽は、上半期から接触した投資項目は見にきて、インターネットの依然として最も良い選択:“全体の業界から言って、インターネットはべつに‘冬’の徴候が現れなくて、投資家にとって、更に‘春’のそうですと指摘しています。”

  このような観点のを持って捜狐の理事局の主席兼CEOの張朝陽がまだあります。彼は“現在のインターネットはまさに春らしさが満ちあふれています”を思っています。

  このような分化が現れる原因はインターネットの細い分子の業界の将来性が相違が現れたのです。巨視的な不景気のため、南方は中小企業の破産する現象が現れて、これは直接中小企業のサービスな電子商取引の企業の利潤の将来性に影響しました;ネットのメディアはすでにたくさんの人の情報を獲得する第1プラットフォームになって、そのためべつにもっと多くなくマクロ経済の影響を受けます。

  この分化は風の投げる選択の中から一部分にわかります。今年第2四半期、風を獲得して投げる1家の電子商取引の企業がなくて、風を獲得するのが最も多い企業のタイプを投げますビデオのウェブサイトとコミュニティのウェブサイトです。
  それ以外に、携帯電話は第4メディアとしてもインターネットを移動するためにもっと大きい発展の空間を切り開きました。柔らかい銀の総裁の孫正義は、未来の投資する重点はアジアに転向してとインターネットを移動しますと表しています。彼は、現在全世界のインターネットの発展は重点的にアジアに転送して、中国の持つインターネット利用者人数の全世界は最も多くて、そのためもきっと各種のインターネットの発展を使用する肥沃な土地になりますと指摘しています。携帯電話のメディアの無線が互いに機能を連ねるのがますます強大になって、未来もきっと伝統のインターネットを越えます。

転職ノウハウ
転職いいこと発見できる
派遣
やっぱり投資が楽しい
製造業界研究
製造業の可能性
製造の掟
経理、経営、傾向
日記を書く
出勤早々出来事
仕事のススメ
仕事とプライベート
株式投資のすすめ

0 件のコメント: